病院内だからこそ、セキュリティ対策は重要事項です。例えば不審者の侵入を防止するために、また、薬品などの管理を徹底するために、そして患者様の容態を見守るために。そんなセキュリティーアイテムでも弊社が全面的にサポート致します。

セキュリティ①

公共施設だからこそ安心の提供と安全を管理する防犯カメラ

病院や福祉施設での犯罪は大きな問題になっています。それは、身体の不自由な方が多くおられること、また専門の薬品などを扱っていることなどが挙げられます。弊社ではそのような犯罪発生を防止するために、各施設に適応した防犯カメラの設置をご提案しています。
このようなトラブルを防ぐことが出来ます。

  • 不審者の侵入防止・・・外来患者、入院患者、見舞い客、付添い人など病院には多くの人々が出入りしています。人々の出入りが多い施設だと必然的に侵入に対する意識は低くなりがちです。実際に、院内での窃盗は病院の犯罪報告の1位に挙げられています。そんな不審者の侵入や、スタッフ、患者様の安全を確保するために、防犯カメラの設置は必要不可欠です。
  • 薬品などの管理を徹底・・・麻薬から劇薬まで、病院には多くの薬品類が保管されています。そんな薬品管理にも防犯カメラが活用出来ます。職員による不正も含め、大切な薬品を管理するために、専用の防犯カメラ設置をご提案しています。
防犯カメラ
  • 容態観察の必要性・・・病院だからこそ必要なカメラとして、容態を観察するためにカメラを設置するご提案も行っています。特別な病室や病棟に設置し、患者様は見守られている安心感でゆっくり治療に専念する事が出来ます。そんな防犯カメラの設置もご提案しています。
導入のメリットなど

トラブルを未然に防ぐ・安全を守る・安心、安全をご提供

など、様々な規模、ご要望に応じ最適なご提案をさせていただきます。まずは、お問合せから・・・。

防犯カメラについて

お問合せはコチラ